こんなつながりも悪くない。


by syoujou-yumekui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『SIN CITY』

 真夜中、どうしても歯を磨きたかった。

 眠さを堪えて、洗面所へ向かう。

 いつも通り歯磨き粉をつけて、磨いていると、どうも臭う。

 歯磨き粉にも使用期限があるのか、とつけた歯磨き粉を見た。



 洗顔剤だった。



 吐き気を激しく催した。

 よくある話★………(いやないな)☆★
[PR]
# by syoujou-yumekui | 2006-09-22 04:34 | variety

年の瀬

 これはこれは、愉しい集まりになった。

 暫く逢うこともないみんな。


 もう、逢えなくなる。


 そうなるのが当たり前の卒業。

 今まで依存し過ぎていた私自身が、

 本当の意味での卒業が出来た。

 そんな気がした同窓会だった。


 「また来てね。」

 「いつでもふらっと顔見せに来て下さい。」


 微妙な気持ちで居た時に、

 この言葉が、私の背中を押した。


 もう2005年も終わろうという、

 風の冷たい、暖かな空間を仲間と共有できた日。

 「良いお年を。」

 別れ際の挨拶が苦手なことを改めて知る、そんな年の瀬★☆★


e0089968_1348216.jpg

[PR]
# by syoujou-yumekui | 2005-12-28 13:48 | team

パルプンテ

e0089968_2302151.jpg


 世の中の不思議について話し合う。
 今日のゲストはこの二人。
 訳あって、名前を明かすことは出来ない。

e0089968_230198.jpg


 日々の忙しさから、この一時で解放される。
 それぞれには、やっていることがある。
 抱えるものも多くなってくる。
 でも、時の流れと共に、失われるものもある。
 しかし、このような楽しさを分かち合う時間は久遠の輪郭。
 人も思い出も選ばない。

e0089968_234219.jpg


 しつこいようだが、名前は明かせない。
 お酒が入り、酔い加減も良い塩梅。
 不思議な繋がりは、必然的な惹き合いで出逢いをもたらす。
 鉢合わせるんだ。似たもの同志を、望むもの同志を。
 強い想いは、大きな流れを創る。

e0089968_2375424.jpg


 特別参戦の“アバッキオ”(右側)。
 ウザそうに眺める一同。本人はノリノリ。
 もっとアップで撮ってくれても良いのにとは、本人の弁。
 お断りです。
 視るに堪えません。

e0089968_23114592.jpg


 盛り上がりを魅せない不思議な話の論議。
 考えても、話しても、解らないからまず食うべ。

 この後、自称アバッキオは、オレに先に寝ることを強要。
 二人で布団は埋まっているので、自分は寝袋で寝ると云う。
 寝袋で寝ることが好きなんだって。ホント、この男・・・

 喰えない曲者だ。

 オレらが寝た後、こっそり地べたで寝るんだ。
 そんな遣り方の優しい輪郭。
 敢えて何も言いますまい。

e0089968_23165985.jpg


 不思議なことなんて、考えても仕方ない。
 ホントは、こんな風に遊ぶのが好きなだけ。
 ナンセンスなことは止めて、一同帰路につく。

 不思議なことは不思議だからいい。
[PR]
# by syoujou-yumekui | 2005-10-16 23:33 | team